サイトの実力とペナルティー

検索エンジンペナルティーについて掲載します。これは不正に掲載順位を上げる ために検索エンジンロボットを欺く方法が以前には横行していたために、アルゴ リズムを改良してそのような事を防ぎ適正な検索結果を提供するための規制と考 えると良いと思います。

以前にはキーワードが多ければ多いほど検索結果の順位が上がるためにテキスト の色を背景と同じにして大量のキーワードを埋め込む方法やブラウザの右の見え ない処にキーワードを記載するなどさまざまなやり方があったようです。

ペナルティーとは

前回にも書きましたが相互リンクのやりすぎもペナルティーというよりはサイト の実力、つまりコンテンツが被リンクに相応しくない場合は、あまりリンク数が 多くても結果が思わしくないように思います。つまりこれはペナルティーとは、 いえませんが、過剰な相互リンク目当ての売り買いが横行しているからだと思い ます。つまりサイト自信の「枠」実力とそのリンクは大いに関係があると考えら れます。

またヘッドラインですね。<h2>とか<h3>いうやつです。これも<strong>と同じ くらい文章を強調するタグですが、 無意味な記載は、マイナス要素になりそう です。

それとケースによるとは思いますが、メニュー欄にはどうしても関連する同じ キーワードが羅列される場合がありますが、これも評価を低くされる要素だと 思います。特に以前のヤフーではこれが顕著でしたが、このメニュー欄もいたず らに同じキーワードを使わない方が無難で画像でのalt属性で調整した方が良い 場合があります。しかし、有名な実力のあるサイトではメニューにテキストで、 同じキーワードが羅列されているケースもあり、これがペナルティー要素になる かならないかは議論の余地はありそうです。

やはり、サイトの「実力」、この意味を理解する事こそ、ホームページ運営を 成功に導いてくれるのかも知れません。