被リンクとSEOについて

検索エンジンと上位表示対策としてSEO(サーチエンジン オプティミゼーション)という言葉があります。これは検索エンジンがそのキーワードに対して一番相応しいホームページをトップの方へ掲載して閲覧者がそこから求める情報を得られるという仕組みです。

そこでこれはどのような仕組みだろうと考えるといくらそれに適したサイト であっても何処からもリンクが貼られていないとインデックスされず誰にも 観られることはありません。
また、内容が充実していなければ検索エンジンのアルゴリズムも評価する事 もなく掲載順位は後ろの方になるでしょう。

巷ではSEOには被リンクが大きな効き目があると云われていますが、確かにクローラーの巡廻回数はある程度は上がると思いますが、これはちょっとした横からの観た考えがあります。グーグルのウェブマスターツールでの注意としてはリンクの売り買いは禁止になっており、違反報告も推奨されている ために、なるほど被リンクを稼ぐ事はそれほど検索エンジン対策に影響を及ぼすと推測されがちですが、ここでちょっと考えて見ます。

思うにはただリンク数を稼いだだけでは駄目だという事です。それならどんなリンクが良いんだといわれれば窮してしまいますが、ここがポイントになると思います。例えば有名な人から推薦されるのと何処の誰とも分からない人に推薦されるのでは全く信用度に違いが出てきて当然です。

もし海に関係するサイトならばその分野での有力な情報を発信している有名なサイトからのリンクは大きな信用度ですね。かといって今は公共機関のリンクも業者が販売しているようですので、被リンクという面では、じっくり考えてリンクを進めていくというのもSEOには物凄く重要なテーマでしょう!
みんなやっていることは優れたグーグルの頭脳集団には筒抜けですね!