基本的なSEOの考え

サイトイメージ

SEOは検索エンジンに評価されることです。

切な文章でホームページを制作する!

ーワードの隣接に注意が必要です!

SEOとはいかにして検索エンジンから認められるということです。

ホームページを制作してインターネット上に公開したら、今度は如何
にサーチエンジンに認めてもらうかという事が重要になります。

日本の主要な検索エンジンはグーグルとBINGでグーグルのシステムは
ヤフーのの検索サービスに使われています。SEOつまりサーチエンジン
の最適化は、主にこの二つの検索エンジン対策といっても過言ではあり
ません。

このために自分のホームページを沢山の人に閲覧してもらうには各検索
エンジンの上位のを方に掲載されなければなりません。一般の閲覧者が
情報をえるにはやはり自分が興味があり、且つ調べたいキーワードを入
れて検索を行うからです。

しかし、過度に検索エンジンの上位表示を画策して以前にはさまざまな
SEO手法が流行った事がありますが、現在はGOOGLEをはじめ
大手検索エンジンの技術が進んでキーワードに対する適正な検索結果を
乱す恐れのあるサイトはアルリズムにより排除される事があります。
場合によってはインデックスから削除されてしまう可能性もありSEO
対策としても熟慮が必要になります。 何もしないのでは検索エンジン
からの評価も低くなり、過度の対策は検索エンジンのアルゴリズムから
嫌われるという事です。

基本的なSEO対策としてhtmlの基本に忠実にタグを使用する。

重要なSEOの注意事項としては、キーワードはタイトルに必ず入れると
いう事と、<h1>にも現在も、まだいれる必要があると思います。<h2>や <h3>には,本文中にキーワードが多い場合は入れずにたの代替ワードで
表現した方がよいでしょう。

上記の要素と共にスニペットもとても重要なのが以下の要素で、これは
検索結果の説明の部分に表示されます。
<head>と</head>の中にある<meta name="Description" content="">
の部分ですね!
基本を考えればHTMLに対してなるべく適正なタグを使うという事です。
同じ見え方でもstrongタグとbタグではコンピューターの意味の解釈が全
く変わってくるのはいうまでもありません。

適切な内部リンクで閲覧者と検索エンジンのアクセシビリティーの向上

ホームページを作成する上で内部リンクというのは重要な役割を果た
します。
あるテーマに関してはそれに付随する(深くテーマを掘り下げる)内容の
サブページが存在するのが必要です。 1ページだけではどうしても関連
のコンテンツを説明出来ません。この場合では内部リンクを貼り、閲覧者
にわかり易い情報提供をする事になり、検索エンジンが提唱するアクセシ
ビリティーが高まりSEOの考えにも合致するという事です。
又、<table>に<summary>をいれて音声で説明出来る事もこの意味に含まれ
るので重要な要素です。

検索エンジンペナルティーにも注意する

検索エンジンは、その結果の正確性を維持または改良を続けて進化して
行くために不正に掲載順位を上げようとするサイトを検索結果から削除
或いは順位を大幅に下げるペナルテイーを行うとグーグルのウェブマス
ターのガイドラインでは説明しています。

また、同じフレーズをサブページなどに記載するとこれもペナルティー
の要素になるので注意が必要です。 グーグルでも同じ内容のページは
重複するためにインデックスさせたくないんではないかと考えられる事
もあり気を付けたいことの一つですね。

検索エンジンは進化していくと思いますが如何にその適したキーワード
で閲覧者が求める検索結果を提供出来るかということに検索エンジン
の役目があるのでホームページ製作も内部要素を充実させてユーザビリ
ティーも考えていかなければならないと思われます。

また、検索エンジンは画像に何が書かれているかは、判断できませんが、
これからは視覚に訴えることも評価基準の一つになるかも知れません。
実際にホームページを見たときに難しい文字の羅列よりもインパクトの
ある画像の方が分かりやすいということも考えられるかも知れません。

相互リンクは当初は同じ分野とおこなった方がよいでしょう。グーグル
の検索エンジンはその傾向が大きいような感じがします。検索エンジン
にご自身のホームページのキーワードを入れて相互リンク募集とサーチ
すれば同じ分野の相互リンク募集サイトが見つかります。

何々リンクというものもありますがあまり派手にやらないほうがよい
気がします。当初は相互リンクで数を増やして、着実にインデックス
したほうがよさそうです。


設定したパスワードをご記入下さい。

*pass: