ゴーダディーが中国のインターネット状況でグーグルに追従

user-pic
0

グーグルが中国本土での検索事業から撤退したのに続き

 

ドメイン世界最大手のゴーダディーが中国での事業を縮小

 

すると発表した。

 

これにともない[.cn ]の新規提供が停止するがゴーダディー以外の他社を通せば

 

新規取得は可能とのことだ。

 

これは中国当局が昨年12月以降に利用者の顔写真や著名の入った書類などの

 

提出をもとめたことによるインターネットの特性を損ねる危惧からくるもと思われる。

 

このことによるインターネット上での匿名性やプライバシーを守ることが難しく、一般

 

市民の個人情報の提供につながると判断したためらしい。

 

現実的にはインターネットではあらゆる情報がすぐにてに入ります。

 

情報自体は事実かそうでないかは個人の判断に任せるほかはないでしょう。

 

また中国では当局に都合の悪い情報はアクセスできないように検閲を行うため

 

グーグルが撤退を決めたようですが、それは検索エンジンの世界最大手にとっては

 

受け入れられない事なのは当然ですね。

 

検索エンジンはあらゆる情報をそのキーワードで、的確に提供できることが

 

その存在意義であるから当然です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://df-free.web9.jp/blog/mt-tb.cgi/23

コメントする