2010年4月アーカイブ

私は、ぬぬ、そんな格好つけた言葉必要ですよね!!

 

だってホームページ作成を致しますなんて言うんだもんね!

 

そうです。

 

俺は!なんて言ったらこの業界ではいくらウエブ上でもヤバイのかな~?

 

だけどあえて俺という言葉を使わせていただきます!

 

確かにホームページ制作や作成などは専門性を問われるとおもいます。

 

確かに!HTMLやらXHTMLやらCGIなんていったってご自身でパソコン

 

以外のご商売をなさっている方にはピンと来ない方が普通です。

 

だって、私でも?俺でも例えば商品管理のノウハウなんてちっとも分かりません。

 

だけど、一般のご商売をなさっている方は、ご自信ののお仕事について聞かれても

 

謙虚ですよね。

 

ここがインターネットやらパソコン関連の仕事をしている人とは違います。

 

これは直接人間とのビジネスだからです。

 

現実的にはパソコンだとかインターネットだとかでも元を正せば人間関係が

 

あってこそ成り立ちます。

 

 

以前にまだパソコンを買ったばかりの時やっぱり分からなくなってインターネット

 

接続業者に問い合わせたら専門用語ばかりで頭にきてガチャって電話切った事

がありました。

 

少し後で再度電話したら年配の人がでたので苦情ではないですが、そのことについて

 

尚早たずねたら、一部の若い人は急激に伸びているインターネット現象についていけない

 

人間を時代に取り残された世代だと見る向きがあり噴気しているとのことでした。

 

私も ぬぬ!俺もパソコンでやっている人間だけれど、心の!本質は相手を思いやる

 

人間経験を養うことだとつくづく思うこの頃です。

高機能アクセス解析のリサーチアルチザンが
2010年5月28日にサービスを終了ということに

なりとても残念です。

ビジュアル的にインパクトの強いグラフなどでウェブマスター

のヤル気を駆り立てるアクセス解析でした。

また、当然機能的にも使い勝手がよくページ別の滞在時間や
移動ページは勿論のこと、アドセンスクリックやリンククリックなども
設定無しで表示してくれています。

また、PHP5以降ならば設置するだけで同様のアクセス解析のスクリプト
を無料で公開していますので是非とも今のうちダウンロードすることをお勧め
します。

設置も感単に出来ます。

以下にリンクをしておきます。

リサーチアルチザン

グーグルが中国本土での検索事業から撤退したのに続き

 

ドメイン世界最大手のゴーダディーが中国での事業を縮小

 

すると発表した。

 

これにともない[.cn ]の新規提供が停止するがゴーダディー以外の他社を通せば

 

新規取得は可能とのことだ。

 

これは中国当局が昨年12月以降に利用者の顔写真や著名の入った書類などの

 

提出をもとめたことによるインターネットの特性を損ねる危惧からくるもと思われる。

 

このことによるインターネット上での匿名性やプライバシーを守ることが難しく、一般

 

市民の個人情報の提供につながると判断したためらしい。

 

現実的にはインターネットではあらゆる情報がすぐにてに入ります。

 

情報自体は事実かそうでないかは個人の判断に任せるほかはないでしょう。

 

また中国では当局に都合の悪い情報はアクセスできないように検閲を行うため

 

グーグルが撤退を決めたようですが、それは検索エンジンの世界最大手にとっては

 

受け入れられない事なのは当然ですね。

 

検索エンジンはあらゆる情報をそのキーワードで、的確に提供できることが

 

その存在意義であるから当然です。