2009年10月アーカイブ

検索エンジンのトップページに掲載されるのはどんな基準があるので

しょうか。

確かにHTMLの適正な記述は必要だとは思います。

だけれどそれだけではないことも分かります。

リンクの関連ですね。

少ないより多い方が良いとされていますが一概にはいえないと思います。

人気のあるキーワードは沢山のウェブマスターがしのぎを削っているため

専任の相互リンクを行うセクションも当然あると考えられます。

そうなるとそのキーワードではリンクの多さだけでは順位基準は単純過ぎて

しまうんではないでしょうか。

また、インターネットの世界では直ぐに上位表示対策にはこのタグが有効で

あるとかなど、直ぐに広まってしまい過剰SEOという状況は治まることがありません。

私のある融資関連のサイトはあまり力を入れていないにも関わらずGOOGLEでは

1位に何ヶ月も掲載されています。

相互リンクといえば、ある有名な相互リンクサイトに登録しているだけで他とはリンクを

していません。

たまには順位は下がりますが少しすると何もしないでも元に戻ります。

おそらくSEOの消極的な結果において評価されているのかも知れません。

いずれは基準が変化すれば後方にいってしまうでしょう。

検索結果の基準は操作可能なことは60%くらいで残りの40%くらいはある基準に

達したサイトに対してはファージー理論なのかも知れません。

;つくば市のホームページ制作

SEOツール

user-pic
0

SEOツールを探していたらいいのがありました。

 ご紹介していただき本当に助かります。

 特にキーワードツールいろいろなものがでていますが 特定のキーワードだけを

チェックしたい時には大助かり ですね。

 確かに他の関連キーワードの調査も大切ですが、目が 疲れているときは本当に

何かうんざりしたり、圧倒 されたりしますが、これは他のことに注意を散漫させる こと

なく今したいことに集中出来、じっくりsのキーワード や次にするべ事に関心をけること

ができる素晴しい検索 キーワードツールですね。

記事を拝見させていただきました。

管理者様と同じ意見を持つウェブマスターの意見も多いと 思います。

実際、私もこのような意見を多数見たことがあります。

 確かに不正なやり方や過剰なSEO対策は検索結果の方向性 を著しく低下させる

ものと私自身も考えますが、この検索 エンジンペナルティーも度を越した場合は

本末顛倒な結果にな るのは明らかです。

私は金融関連のサイトをいくつか運営していますが、GOOGE ではトップページの

上部に今のところ何ヶ月も表示されているの もあり、他のサイトは3ページ、或いは5ページ

目位に位置しています。

 

SEO的に見れば的確な評価であると考えられます。 YAHOOについてはいろいろと対策

をほどこしていますが、その 運営するほとんどのサイトはトップページはそのキーワードで

は表示 されていません。

ただ、URLをいれれば出てきます。 おかしな事に狙っているキーワードで何ページ目か

チェックしてみると 全くそのキーワードと関連のないサイトの方が検索結果の前の方の結果

 に表示されています。

やっと、運営するサイトが見つかったとしても、下の方にトップへの タイトル入りのリンクが

記載されているため、それがハイライトされて いてるサブページであり、とてもそのキーワード

とは関連の薄い内容の ものです。

勿論スパム的なことは一切していません。

 推測ですが、向こうも手の内を明かす訳にもいかないでしょうが、何か のきっかけで

フィルターに入り、そうするとトップページが変な結果に なるんではないでしょうか。

このきっかけは当然どういうものかは分かりませんが商用関連語句、ある いはリンクに

関係があるように思って来ました。

また、広告枠を見るとそのキーワードに対して的確なスポンサーの広告が ずらりと並んで

います。

 

 こうなると、個人的な意見ですが、ビジネス関連はビジネスだよ~と言って いるんだなー

と思います。

一般の検索をする人にはスポンサーサイトをクリックしてもらわなければ ならないとしたら、

ウェブマスターが悪戦苦闘している検索結果について 考えると、はっきりいいませんが、

無力な感じがします。

ただYAHOO関連の有料サービスを利用しているとなんとかだと聞いた ことがあります。

いずれにしても日本でシェアーが一番の検索エンジンです。

 

私が法律ということですか。