ポート開放はまずルーターの設定画面を開く

サーバーソフトをインストールしてサーバーの設定をした後はいよいよルーター
のポート開放という事になります。

これで外部からの通信が可能になります。

ルーターは各メーカーによって名称や設定の仕方が違いますのでここがちょっと
したポイントになるかも知れませんが、自宅サーバーを構築したいと考えている
御仁には簡単に設定出来ると思います。

要はポート番号「80」を開放すれば通信可能になります。

しかしここでもう一つネックになる事象があります。それはウィルス対策ソフト を
入れている場合
はそちらの設定もしなければ通信は拒否されてしまいます。

私はESET Smart Sequrityを導入していますが、このウィルス対策ソフトはかな
り強烈であり、そのために自宅サーバー構築での設定は他のウィルス対策ソフト
より難儀しました。これが大切です。

試行錯誤でやれば何れ解決出来ます。
以下に私のパソコンのルーター設定を紹介させていただきます。

まずパソコンを外部から閲覧するにはルーターの設定画面を開きます。
環境によってアドレスは違いますが、私の場合は192.168.11.1/とアドレスバー
に入れるとルーターの設定画面が表示されます。

ここから設定を開始します。